高雄探訪、SIGMA DP2 Merrillで切り取る台湾

台湾へ行っていた時に気づいたDP2MerrillのRAWデータことx3fファイル。

その後の現像が楽しくなって高雄滞在中、バッテリーとSDカードの容量が許す限り撮影したときのフォトから。

スポンサードリンク

台湾、高雄で赴くままにDP2Merrillで撮影

昼間、ある日の港町

x3fファイルがPhoto Proで色々いじれても、いじりすぎるとその時点で画像が破綻することもあります。

上記はx3fファイルと一緒に保存していたJPGファイルをPhotoshopで開いてCamera Rawフィルターをかけたもの。

日中で光量がそれにありにあるときは、JPGファイルを微調整のほうが調整し易く、バランスよく仕上げられます。

浜辺のサンセット

夕方、日暮れ時。

この手のシチュエーションではPhoto ProでX3 Fill Lightのパラメーターをいじりすぎると、太陽周辺がとたんにおかしくなります。

よってこれもJPGをPhotoshopのCamera Rawフィルターで処理した一枚。

地元民が集う午後の三鳳堂(さんほうどう)

スポンサードリンク

高雄では有名な三鳳堂(さんほうどう)正面を流れる川岸から撮影。

PhotoshopのCamera Rawでちょっといじりすぎて、空も若干暗めにしてしまった。

お寺の細かい部分の表情が見て取れるのは、DP2 Merrillでの撮影が生きる1枚です。

日本でおなじみ台湾のヤマト便

台湾でもヤマト便は大活躍です。

制服も日本と同じで、配達においても日本ブランドであることが信用されるんでしょう。

上記はPhoto Proで現像書き出しそのまま。

パラメーターはこんな感じで、X3 Fill Lightは0.8、建物内部の暗がりの表情を出すべくコントラスト-0.9、シャドウを1.2に。

高雄の大きな通りに面した歩道にて

看板が多く有るこんなロケーションは、DP2で撮影すると後でいろいろな発見ができる楽しい1枚です。

例えばほぼ中央にある牛肉麺のお店の電話番号を知りたい!というときは、拡大表示で寄ってみます。

Photoshopで100%表示した画面をスクリーンショットした一枚。はっきり七桁の電話番号が確認できますね。

100%表示で解像感はフォビオンセンサーならではの表現力の凄さを感じる所。コンパクトなボディでここまで記録できるのは驚異的です。

まとめと感想

SIGMA DP2 Merrillは、いわゆるコンパクトカメラとしては大きめですが、Merrillシリーズの中ではコンパクトなほうなので、持ち歩きやすいカメラです。

標準的な画角で切り取る画面はそのままで気持ちよく見られる構図になりますが、iPhoneと比べても狭い画角になり、もう少し画角が欲しくなるときがあります。

追伸

DP2 Merrillを落下で損傷…。修理に出しましたがその後購入したがdp0(ディピーゼロ)。

2台持ちはやはりかさばるので、今はdp0がメインになりつつあるのでした。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!