高雄探訪、SIGMA DP2 Merrillで切り取る台湾

台湾へ行っていた時に気づいたDP2MerrillのRAWデータことx3fファイル。

その後の現像が楽しくなって高雄滞在中、バッテリーとSDカードの容量が許す限り撮影したときのフォトから。

台湾、高雄で赴くままにDP2Merrillで撮影

昼間、ある日の港町

x3fファイルがPhoto Proで色々いじれても、いじりすぎるとその時点で画像が破綻することもあります。

上記はx3fファイルと一緒に保存していたJPGファイルをPhotoshopで開いてCamera Rawフィルターをかけたもの。

DP2 Merrillは撮って出しJPGって…みたいなことを散見しますが、日中の光量がそれなりにあるときは、JPGファイルを微調整で十分にバランスよく仕上げられます。

浜辺のサンセット

夕方、日暮れ時。

この手のシチュエーションではPhoto ProでX3 Fill Lightのパラメーターをいじりすぎると、太陽周辺がとたんにおかしくなります。

よってこれもJPGをPhotoshopのCamera Rawフィルターで処理した一枚。

改めてよく見ると、砂浜の色が赤かったり、緑がかっていたりと若干破綻気味でした。

地元民が集う午後の三鳳堂(さんほうどう)

高雄では有名な三鳳堂(さんほうどう)正面を流れる川岸から撮影。

PhotoshopのCamera Rawでちょっといじりすぎて、空も若干暗めにしてしまった。

水面に写っている空のほうが明るかったりして…。

お寺の細かい部分の表情が見て取れるのは、DP2 Merrillでの撮影が生きる1枚です。

日本でおなじみ台湾のヤマト便

台湾では日本ほど正確に宅配便が届くイメージが無いようですが、ヤマト便はこちらでも大活躍です。

制服も日本と同じで、日本ブランドは宅配においても信頼の証。

トラックに表示されている台湾のヤマト便ホームページアドレスが面白いです。

「http://www.t-cat.com.tw」こちらにリンクしておきます。

上記はPhoto Proで現像書き出しそのまま。

パラメーターはこんな感じで、X3 Fill Lightは0.8、建物内部の暗がりの表情を出すべくコントラスト-0.9、シャドウを1.2に。

高雄の大きな通りに面した歩道にて

看板が多く有るこんなロケーションはDP2 Merrillで撮影すると、後でいろいろな発見ができる楽しい1枚です。

ほぼ中央をにある牛肉麺のお店の電話番号を知りたい!というときは、拡大表示で寄ってみます。

Photoshopで100%表示した画面をスクリーンショットした一枚。はっきり七桁の電話番号が確認できますね。

100%表示でこの解像感は、フォビオンセンサーならではの表現力の凄さを感じる所。

コンパクトなボディでここまで記録できるのは驚異的です。

まとめと感想

SIGMA DP2 Merrillは、いわゆるコンパクトカメラとしては大きめですが、Merrillシリーズの中ではコンパクトなほうなので、持ち歩きやすいカメラです。

35mmカメラ換算有効画角が約45mmの標準的な画角で切り取る画面は、そのままで気持ちよく見られる構図になります。

普段一緒に持ち歩きのiPhone6s Plus(28mm)のほうが広めで、比べると狭い画角なので、シーンによってはもう少し広い画角が欲しくなるときがあります。

追伸

DP2 Merrillを落下で損傷…。

修理に出しましたがその後購入したがdp0(ディピーゼロ)。

2台持ちはやはりかさばるので、今はdp0で歪みのない広大な画角を楽しんでいます。

最新情報をチェックしよう!